マーメイドステークス

マーメイドステークスの全頭最終追い切り評価と過去データ【2024年6月16日開催】


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/xs805327/keibaumauma.com/public_html/wp-content/plugins/rich-table-of-content/functions.php on line 490

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/xs805327/keibaumauma.com/public_html/wp-content/plugins/rich-table-of-content/functions.php on line 490

マーメイドステークスの過去データと最終追い切り評価です。 2024年6月16日、京都競馬場で行われる芝2000mのG3です。 16頭立てで行われます。追い切り評価はS~Dの5段階評価となっております

マーメイドステークスとは

マーメイドステークスは、日本の中央競馬(JRA)で行われる競馬の重賞競走です。以下に、マーメイドステークスについての詳細な説明を提供します。

レース概要

  • 名称: マーメイドステークス(Mermaid Stakes)
  • グレード: G3(Grade 3)
  • 開催時期: 6月中旬
  • 開催場所: 阪神競馬場
  • 距離: 芝2000メートル(約10ハロン)
  • 出走条件: 3歳以上の牝馬
  • 負担重量: ハンデキャップ

レースの特徴

マーメイドステークスは、主に夏の開催シーズンに行われる牝馬限定の競走で、古馬(4歳以上)にとっても重要なレースの一つです。このレースは牝馬限定であるため、秋のG1レースに向けての前哨戦として位置づけられています。距離が2000メートルと中距離であるため、スピードと持久力の両方が求められます。

過去の勝ち馬と傾向

このレースの過去の勝ち馬には、秋のG1戦線で活躍する馬も多く含まれています。過去のレース結果を分析すると、斤量の軽い馬が有利になる傾向が見られるため、ハンデキャップ戦での斤量設定が勝敗を左右する重要な要素となります。

レースの戦略

マーメイドステークスはハンデキャップ戦であるため、各馬の斤量が異なります。このため、軽ハンデの馬が上位に来やすいという傾向があります。また、阪神競馬場の芝2000メートルコースは、スタートから最初のコーナーまでの距離が短く、ポジション取りが重要となります。したがって、序盤で前に出ることができる馬や、位置取りが上手な騎手が有利となります。

総括

マーメイドステークスは、牝馬限定の重賞競走として毎年多くの注目を集めるレースです。ハンデキャップ戦特有の戦略や、出走馬の実力、コンディションが勝敗に大きく影響するため、競馬ファンにとっても興味深いレースとなっています。秋の大レースに向けた重要なステップとして、注目する価値のある一戦です。  

 

日刊スポシンザン記念の好データ(過去10年間より)

※過去10年全て阪神競馬場での開催となっているので、阪神競馬場でのデータとなっています。今回は京都競馬場での開催なので注意してください。

 

【評価】

  • ◎:1.5倍増し
  • ◯:1.3倍増し
  • ▲:1.1倍増し
  • ー:1倍増し
  • △:0.8倍
  • ✖️:0.5倍

 

前走

※荒れるレースとなっており、前走の特徴は特にありませんでした。

 

◎ 1・2枠

◯ 7・8枠   

▲ 4枠

× 3・5・6枠  

 

年齢

◎ 4・5歳   

◯ 6歳

△ 3歳

× 7歳以上

 

所属

◯ 栗東

× 美浦

 

マーメイドステークスの最終追い切り評価

※追い切り評価:S~Dまでの5段階評価です。

馬名評価
ベリーヴィーナスA
ジューンオレンジS
ピンハイB
ミッキーゴージャスC
ラヴェルB
ホールネスB
マリネロA
コスタボニータB
ゴールドエクリプスB
インザオベーションA
タガノパッションC
アリスヴェリテB
エリカヴィータB
エーデルブルーメS
 ファユエンB

 

マーメイドステークスの推奨馬

◎ エーデルブルーメ

 

マーメイドステークスの推奨穴馬

☆ ジューンオレンジ

 

   

-マーメイドステークス